Past Stage of NOLCA SOLCA

過去公演

NOLCA SOLCA Stage 復活公演

『ミロクとホクシン』

会場:AI・HALL

公演期間:2017年5月19日〜5月21日

<特設サイトはこちら>

NOLCA SOLCA Stage 復活公演

『ミロクとホクシン』

会場:AI・HALL(伊丹市立演劇ホール)

公演期間:2017年5月19日〜5月21日

<特設サイトはこちら>

NOLCA SOLCA Stageの復活公演。
殺陣を中心としたアクションエンタメの作風はもちろん、「民族としての誇り」や「差別」といった社会的テーマを織り交ぜた重厚なストーリーが人気を博した。また、ハリウッド映画のような高品質な予告編動画や小劇場界を牽引する豪華キャストの出演などが高い話題性が呼び、前回公演を遥かに上回る600人以上の動員を果たした。

陸田翔希
竹田和哲(NOLCA SOLCA Stage)

倉橋愛実
木下航(熊の宅急便企画)
しゃくなげ謙治郎(爆劇戦線⚡和田謙二)
進信也(べろべろガンキュウ女)

河上和紀(劇団不透明)
銀ゲンタ(さいたまネクスト・シアター)
菅原三花
瀬戸銀乃
野竹純鈴(劇団万絵巻)
吉本一馬(学園座)
血眼二郎
野村一生

新免誠也

野口昌彦(ISCplayer[s]/Production Dayze)

為房大輔(劇団ZTON)

maechang(BLACK★TIGHTS)

脚本 :竹田和哲 una_delight
演出 :竹田和哲

舞台美術 :竹内良亮(伝舞企画)
照明 :小野健(NEXT lighting)
衣装/ヘアメイク:演 美雪(nano&co.)
音響: 椎名晃嗣(劇団飛び道具)
擬闘 :江連丈暁
小道具 :角淵敦基
演出助手 :Mocchiiiiii
舞台監督 :濱田真輝
題字:元谷裕蘭
宣伝美術:片山裕子(劇団夜光鯨/東洋企画)
制作:坪井梢 上岡ゆい
劇団制作:飯阪宗麻
キャスティング制作/制作協力:石田1967(LINX’S)
映像:NOLCA SOLCA Film
企画製作:NOLCA SOLCA Entertainment

大陸に囲まれた小さな島国・ウスラヒの国。

古くから大陸間の貿易の拠点として発展してきたこの国の中心には、

霧恵山(きりえやま)と呼ばれる大きな雪山が鎮座している。

「世界で最も美しい氷」が取れると評判のこの山には、

氷の切り出しを生業とする一族、”氷の民”が暮らしていた。

独自の測量技術と砕氷技術を持つ彼らであったが、

謎の大雪崩にまきこまれ、たったふたりの少年を残して滅亡してしまう。

生き残ったふたりの少年の名は、ミロクとホクシン。

10年後、青年へと成長した彼らは、一族滅亡の真相を知ることになる。

復讐の歯車が、静かに動き出す。

演劇ユニットNOLCA SOLCA 旗揚げ公演

『暁の雲』

会場:京都大学西部講堂

公演期間:2015年8月28日〜8月30日

<特設サイトはこちら>

演劇ユニットNOLCA SOLCA 旗揚げ公演

『暁の雲』

会場:京都大学西部講堂

公演期間:2015年8月28日〜8月30日

<特設サイトはこちら>

NOLCA SOLCA Stage(旧:演劇ユニットNOLCA SOLCA)の旗揚げ公演。
架空の国同士の戦の物語を描きながらも、16人のメインキャラクターそれぞれの人間ドラマが緻密に織り込まれたこの作品は、多くの人に衝撃を与えた。
初日のアンケート回答率は95%を越え、2日目からはリピーターが続出した。
実力派のキャスト・スタッフ陣に支えられ、学生主体の劇団の旗揚げ公演としては異例の約400人の動員を果たす。

荒木輝
清水洲平(劇団・我楽多)
石垣光昴(劇団ちゃうかちゃわん)
柳沢友里亜
木下航(熊の宅急便企画)
寺谷妃菜(NOLCA SOLCA)

地道元春
江連丈暁(NOLCA SOLCA)
しゃくなげ謙治郎(劇的細胞分裂爆発人間 和田謙二)
成瀬サキ
板倉加歩(NOLCA SOLCA)

竹田和哲(NOLCA SOLCA/さいたまネクスト・シアター)
羽多野瑛一
中村多伽(Pumpit)
野尻優子(大阪大学体育会少林寺拳法部)
すっ太郎

おやすーみん(進劇銃題やぎゅり場)
福島健(劇団ちゃうかちゃわん)
狩野ぴえろ(劇団月光斜)
菅原知香
菅原三花
野村一生
西川知希

作:竹田和哲、桂しょう子(劇団ちゃうかちゃわん)
演出:竹田和哲

舞台監督:外丸美海(劇団ケッペキ)
舞台美術:黒須和輝
衣装・ヘア&メイク:藤井千尋 荒井希実子(第三劇場) 若松綾音 髙田美沙希(第三劇場) 畑迫有紀(第三劇場)
照明:小野健(フリースター/劇団壱劇屋)
音響:椎名晃嗣(劇団飛び道具)
音効・演奏:齋藤由香里
作詞:竹田和哲
作曲:了徳寺佳祐
擬闘:江連丈暁(大阪大学少林寺部)
殺陣指導:宮前旅宇(第2劇場/列島カメレオン)
小道具:角淵敦基(劇団ちゃうかちゃわん)、藤田陸(劇団ちゃうかちゃわん)
制作:岩田健、湯栗未名実、西川知希、藤本悠太、渡邊智也
宣伝写真・映像収録:飯阪宗麻 今井雄大
宣伝美術:中野築月
パンフ作成:岡部格明
フライヤーデザイン:片山裕子(劇団六風館)
WEB作成:ゆらく(こみかさ)
企画監修:八柳まごいち(進劇銃題やぎゅり場/nano&co.)

とある大陸に、三つの国があった
武力で勢力拡大を進める大国・北の国
海と山の天然要塞に恵まれた中堅国・南の国
そして、土地を持たぬ小さな新興国・東の国

北の国が、東の国に奇襲をかけた夜
東国一の武人・八雲(ヤクモ)は大切な人を死なせてしまう。
それは、予想だにせぬ悲劇の入り口だった。

東の国の当主・如月(キサラギ)は、民を率いて敗走し、南の国へ助けを求めた。
しかし南の国の当主・鞍馬(クラマ)は、東との同盟の締結に戸惑い、結論を先延ばしにする。
そして北の国の当主・海潮(ウシオ)は、配下の剣豪・頼(ライ)に八雲の暗殺を命じたのであった。

次第に明らかになる、陰謀と罠―――
誰が敵で、誰が味方なのか―――
幾重もの謎が織りなすは、希望か、それとも絶望か―――

NOLCA SOLCA Stage 復活公演

『ミロクとホクシン』

会場:AI・HALL

公演期間:2017年5月19日〜5月21日

<特設サイトはこちら>

NOLCA SOLCA Stage 復活公演

『ミロクとホクシン』

会場:AI・HALL(伊丹市立演劇ホール)

公演期間:2017年5月19日〜5月21日

<特設サイトはこちら>

NOLCA SOLCA Stageの復活公演。

殺陣を中心としたアクションエンタメの作風はもちろん、「民族としての誇り」や「差別」といった社会的テーマを織り交ぜた重厚なストーリーが人気を博した。また、ハリウッド映画のような高品質な予告編動画や小劇場界を牽引する豪華キャストの出演などが高い話題性が呼び、前回公演を遥かに上回る600人以上の動員を果たした。

陸田翔希
竹田和哲(NOLCA SOLCA Stage)

倉橋愛実
木下航(熊の宅急便企画)
しゃくなげ謙治郎(爆劇戦線⚡和田謙二)
進信也(べろべろガンキュウ女)

河上和紀(劇団不透明)
銀ゲンタ(さいたまネクスト・シアター)
菅原三花
瀬戸銀乃
野竹純鈴(劇団万絵巻)
吉本一馬(学園座)
血眼二郎
野村一生

新免誠也

野口昌彦(ISCplayer[s]/Production Dayze)

為房大輔(劇団ZTON)

maechang(BLACK★TIGHTS)

脚本 :竹田和哲 una_delight
演出 :竹田和哲

舞台美術 :竹内良亮(伝舞企画)
照明 :小野健(NEXT lighting)
衣装/ヘアメイク:演 美雪(nano&co.)
音響: 椎名晃嗣(劇団飛び道具)
擬闘 :江連丈暁
小道具 :角淵敦基
演出助手 :Mocchiiiiii
舞台監督 :濱田真輝
題字:元谷裕蘭
宣伝美術:片山裕子(劇団夜光鯨/東洋企画)
制作:坪井梢 上岡ゆい
劇団制作:飯阪宗麻
キャスティング制作/制作協力:石田1967(LINX’S)
映像:NOLCA SOLCA Film
企画製作:NOLCA SOLCA Entertainment

大陸に囲まれた小さな島国・ウスラヒの国。

古くから大陸間の貿易の拠点として発展してきたこの国の中心には、

霧恵山(きりえやま)と呼ばれる大きな雪山が鎮座している。

「世界で最も美しい氷」が取れると評判のこの山には、

氷の切り出しを生業とする一族、”氷の民”が暮らしていた。

独自の測量技術と砕氷技術を持つ彼らであったが、

謎の大雪崩にまきこまれ、たったふたりの少年を残して滅亡してしまう。

生き残ったふたりの少年の名は、ミロクとホクシン。

10年後、青年へと成長した彼らは、一族滅亡の真相を知ることになる。

復讐の歯車が、静かに動き出す。

演劇ユニットNOLCA SOLCA 旗揚げ公演

『暁の雲』

会場:京都大学西部講堂

公演期間:2015年8月28日〜8月30日

<特設サイトはこちら>

演劇ユニットNOLCA SOLCA 旗揚げ公演

『暁の雲』

会場:京都大学西部講堂

公演期間:2015年8月28日〜8月30日

<特設サイトはこちら>

NOLCA SOLCA Stage(旧:演劇ユニットNOLCA SOLCA)の旗揚げ公演。
架空の国同士の戦の物語を描きながらも、16人のメインキャラクターそれぞれの人間ドラマが緻密に織り込まれたこの作品は、多くの人に衝撃を与えた。
初日のアンケート回答率は95%を越え、2日目からはリピーターが続出した。
実力派のキャスト・スタッフ陣に支えられ、学生主体の劇団の旗揚げ公演としては異例の約400人の動員を果たす。

荒木輝
清水洲平(劇団・我楽多)
石垣光昴(劇団ちゃうかちゃわん)
柳沢友里亜
木下航(熊の宅急便企画)
寺谷妃菜(NOLCA SOLCA)

地道元春
江連丈暁(NOLCA SOLCA)
しゃくなげ謙治郎(劇的細胞分裂爆発人間 和田謙二)
成瀬サキ
板倉加歩(NOLCA SOLCA)

竹田和哲(NOLCA SOLCA/さいたまネクスト・シアター)
羽多野瑛一
中村多伽(Pumpit)
野尻優子(大阪大学体育会少林寺拳法部)
すっ太郎

おやすーみん(進劇銃題やぎゅり場)
福島健(劇団ちゃうかちゃわん)
狩野ぴえろ(劇団月光斜)
菅原知香
菅原三花
野村一生
西川知希

作:竹田和哲、桂しょう子(劇団ちゃうかちゃわん)
演出:竹田和哲

舞台監督:外丸美海(劇団ケッペキ)
舞台美術:黒須和輝
衣装・ヘア&メイク:藤井千尋 荒井希実子(第三劇場) 若松綾音 髙田美沙希(第三劇場) 畑迫有紀(第三劇場)
照明:小野健(フリースター/劇団壱劇屋)
音響:椎名晃嗣(劇団飛び道具)
音効・演奏:齋藤由香里
作詞:竹田和哲
作曲:了徳寺佳祐
擬闘:江連丈暁(大阪大学少林寺部)
殺陣指導:宮前旅宇(第2劇場/列島カメレオン)
小道具:角淵敦基(劇団ちゃうかちゃわん)、藤田陸(劇団ちゃうかちゃわん)
制作:岩田健、湯栗未名実、西川知希、藤本悠太、渡邊智也
宣伝写真・映像収録:飯阪宗麻 今井雄大
宣伝美術:中野築月
パンフ作成:岡部格明
フライヤーデザイン:片山裕子(劇団六風館)
WEB作成:ゆらく(こみかさ)
企画監修:八柳まごいち(進劇銃題やぎゅり場/nano&co.)

とある大陸に、三つの国があった
武力で勢力拡大を進める大国・北の国
海と山の天然要塞に恵まれた中堅国・南の国
そして、土地を持たぬ小さな新興国・東の国

北の国が、東の国に奇襲をかけた夜
東国一の武人・八雲(ヤクモ)は大切な人を死なせてしまう。
それは、予想だにせぬ悲劇の入り口だった。

東の国の当主・如月(キサラギ)は、民を率いて敗走し、南の国へ助けを求めた。
しかし南の国の当主・鞍馬(クラマ)は、東との同盟の締結に戸惑い、結論を先延ばしにする。
そして北の国の当主・海潮(ウシオ)は、配下の剣豪・頼(ライ)に八雲の暗殺を命じたのであった。

次第に明らかになる、陰謀と罠―――
誰が敵で、誰が味方なのか―――
幾重もの謎が織りなすは、希望か、それとも絶望か―――

Copyright © NOLCA SOLCA Entertainment All Rights Reserved!